會田祥 フリークライマーになれ~城ヶ崎・パープルシャドウ〜/ Sho Aita, Become a free climber ~”Purple shadow” in Jogasaki~

2022年1月。クラッククライミングのメッカである城ケ崎海岸で波の音の中、黙々と岩の隙間と対話するように登るクライマーがいた。彼の名は會田祥。 會田祥はパラクライミング視覚障害B1(全盲)で戦う選手だ。11歳から弱視が進み、17歳からはほとんど見えていないという。2年に一度行われているパラクライミング世界選手権では2012年以降これまですべての大会で金メダルに輝いてきた。日本を代表するブラインドクライマーだ。 そんな會田は近年、コーチの田中星司(アストラクライミング)のアドバイスによりクラッククライミングに挑戦をしている。驚くべきことに「サイトガイド」なしで行うのだという。 通常、パラクライミング視覚障害の競技では「サイトガイド」と呼ばれる補助者に次に掴むべきホールドを教えてもらいながら登る。当然、見えていない中でのクライミングは「サイトガイド」指示の下でも相当な技術を要する。 だが會田はこのクラッククライミングを、コーチである田中との入念なリハーサルを行ったうえで、ガイド無しで一人岩と対話をするように登っていくのだった。 この日、會田は城ケ崎海岸フナムシロックエリアにあるパープルシャドウをリード(マスター※)で完登した。 この夏にワールドカップも控えている會田だが、外岩でも、また競技においても益々活躍が期待される。文:宮澤 響(みやざわひびき) 會田祥(あいた・しょう)1996年、山梨県出身。パラクライミング日本代表。10歳のころ視覚障害向けのクライミングスクールでクライミングをはじめる。2011年に行われたパラクライミング日本選手権より選手としてのキャリアをスタートさせ、パラクライミング世界選手権では2021年ロシア・モスクワ大会も含め過去5回出場したすべての大会で金メダルに輝いている※1。また、2022年夏頃に開催予定のワールドカップでも表彰台が期待されている。現在はクライマーとしての可能性を広げるためクラッククライミングなど新たなクライミング分野にも挑戦している。 ※2012年(フランス・パリ)、2014年(スペイン・ヒホン)、2016年(フランス・パリ)2019年(フランス・ブリアンソン)ではB2(強度弱視)クラスで優勝。2022年(ロシア・モスクワ)ではB1(全盲)クラスで優勝。

Read more
夕焼けで淡く色づいた二子山を登る大場美和

大場美和 初めての二子山/ Miwa Oba in Futagoyama for the first time

凛と澄み切った空気が流れ、冬の訪れを感じる12月。プロクライマーの大場美和が初めて二子山を訪れた。 この日は快晴で、日向はとても暖かく絶好のクライミング日和。 大場美和は祠エリアから登り始め、ロウソク岩エリア、最後は中央陵エリアと、二子山でのクライミングを堪能した。 外岩のリードクライミングは久しぶりだと言う大場美和さん。感想を聞いてみた。 Q.初めての二子山はどうですか? 最高です。今日天気も良いし、気持ち良いです。コルネとかガバとか、ポケットとかもあって色んなホールドがあって楽しかったです! 二子山のホールドは石灰岩が雨水によって浸食され、それぞれが幻想的な形を作っている。その一つ一つのホールドを楽しむように登っている姿を見ると外岩が大好きだと言うことが伝わってくる。 スポーツクライミングの解説など、競技の普及活動にも尽力している大場美和さん。現在は、忙しい合間を縫って二子山に通っており、二子山でトライしたルートや、その解説をInstagrqmやYoutubeで発信しているので是非ご覧ください 🙂 大場美和’s SNS INSTAGRAMYoutube […]

Read more

平山ユージ「花火」(8C+)初登 – Yuji Hirayama – Hanabi

石灰岩からなる切り立った鋭い岩峰は海外にも負けない迫力ある景観で、古くから多くの人を魅了している二子山。 弓状エリアや祠エリアに加えて、2020年には西岳北面の中央稜周辺、ローソク岩などの新エリアが公開され、クライマー達が賑わっている。 2021年12月19日、快晴の中平山ユージは1年間挑戦したプロジェクトを、遂に完登した。 下部をスタティックなムーブでこなし、上部の核心部分前にレストした後、核心部分では力強い動きとともに、迫力の一声が二子山に響き渡った。 完登すると、周りのクライマー達から歓喜の声が一斉に上がった。同時に、完登を祝うかのように鳥の群れが平山ユージの頭上を横切った。 平山ユージはこのルートを「花火」と名づけ、グレードをフレンチグレードで8C+とした。 ルート名「花火」(8C+)について Q. なぜルート名を「花火」に? 「小鹿野クライミング協会で頑張ってくれてるマサが「火炎」ってルートを作ってて、 一発ドカーンって感じじゃないですか。 だから花火にしようかなと思って。」 […]

Read more